こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天然水の目的に応じた選択と効用について

 世の中には不可解、ならびに不世出な出来事が多くなりました。
それら記事をインターネット検索によって紹介して、
 食糧・エネルギー・資源の自給、環境・健康の改善に対して、
さまざまな解決案を提案していきたいと思っています。
 

 近年、日本の名水百選など天然水の味覚および効用が注目されています。

天然水の組成と味覚、効用について、

それらの因果関係は必ずしも明確ではないと個人的には思っています

「水の組成」によって

pH (水素イオン濃度)、EC(電気伝導度)、ORP(酸化還元電位)
また、カルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg)などのミネラル分の量によって
硬度が変化しますが、

参考情報:
水質の簡易測定関連
水素イオン濃度(pH)に係る記載
電気伝導度(EC)に係る記載
酸化還元電位(ORP)に係る記載
・一定基準よりも高いものは硬水、低いものは軟水

ミネラルウォーター類における化学物質等の成分規格
の設定等について
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000ypmm
-att/2r9852000000ypq9.pdf


 上記のpH、EC、ORP、硬度では評価できない微量成分によって、
味覚、効用が変化
していると思われます。


 これだけ、普及した要因は
1.水中に微量な元素を殆ど含まない超純水を原点として
  有効なミネラルを微量添加して味覚を人工的にビルドアップ

2.バナジウムなどを微量含む天然水の全国各地への宅配

3.健康で安全な天然水を全国の採水地から宅配

などの物流の進歩、高度な化学技術の普遍化と考えられます。

参考までに実例を記載しました。













スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2012/05/08(火) 19:00:15|
  2. 健康・食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竜巻対策マニュアルについて | ホーム | 部屋の汚れが取れない時には事前準備を>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/9-195be072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。