こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化して発がん性物質になるという。

 リュウグウノツカイが日本海沿岸についで北九州市、大分、佐賀でも打ち上げられているという。大陸からの黄砂の影響にも着目が必要か?と思っていますが、黄砂とPM2.5が結びつくと、発がん性物質になるという。

 
 PM2.5は大陸からのみでなく、国内でも数多く存在しているので正体不明の物質になっているのだろうか?

PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化  NHKニュース
3月28日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140328/k10013305521000.html「大気中の汚染物質PM2.5と黄砂が混ざると、より発がん性が高い物質に変化することが金沢大学などのグループの研究で分かり、研究グループは「PM2.5と黄砂が、共に多く観測されるこれから4月ごろまでは、より注意が必要だ」と呼びかけています。

金沢大学医薬保健研究域薬学系の早川和一教授らの研究グループは、毎年春の黄砂が多く飛んでくる時期に、PM2.5の中でも発がん性が極めて高いとされる「NPAH」と呼ばれる物質の濃度が高くなることに着目しました。
そして、大気中に含まれる「窒素酸化物」とPM2.5に必ず含まれる「PAH」が入った容器に黄砂を入れて拡散させる実験を行ったところ、NPAHに変化することが分かったということです。
NPAHは、多くの研究者の実験で肺がんなどを引き起こすリスクがPAHよりも100倍以上高いことが示されています。
早川教授は「これまで黄砂だけ、PM2.5だけで対策を考えていたが、複合影響があるという前提で対策を立てることが大切だ。共に多く観測される時期は、PM2.5を通さないマスクを着けるなど特に気をつけてほしい」と話しています。
この研究成果は、28日、熊本市で開かれる日本薬学会で発表されることになっています。」という。


Oisix(おいしっくす)
スポンサーサイト
  1. 2014/04/02(水) 11:47:34|
  2. 健康・食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつも疑問に思っていた8つの素朴な質問への答えについて調べました。 | ホーム | 遺伝子組み換え食品に係る記載を調べました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/51-cb606cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。