こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チリで中規模地震が発生しているという。大規模地震への連動性はあるのだろうか?

 既報小さな規模の地震が立て続けに連発することは巨大地震の予兆かもしれない!?
と想っていますが、
最近、太平洋の彼方、チリ沖にて久しぶりに中規模地震が発生して、
その後も群発地震が発生しているという。

巨大地震が発生した三陸沖において3.11前の数日間、
一般的には見逃しやすい小規模地震が三陸沖で群連発していたことが特筆されます。

>> 詳しくはtenki.jp過去の地震情報


南米西部沖地震といえば、
tenki.jp過去の地震情報
南米西部を震源とする地震情報によれば、
発生時刻▼ マグニチュード
2014年3月17日 6時17分頃 M6.7
2013年9月26日 1時43分頃 M7.2
2012年10月1日 1時32分頃 M7.4
2012年3月26日 7時37分頃 M7.2
2011年2月12日 5時5分頃 M7.0
2011年1月3日 5時20分頃 M7.2
2010年8月12日 20時54分頃 M7.2
2010年3月11日 23時40分頃 M7.2
2010年2月27日 15時34分頃 M8.6


小規模地震であっても、立て続けて起こる群連発地震にはもっと
注意しなければと想われます。
3.11との連動性がありそうで気になる予兆でないか?と想われます。

 大規模地震の連動性といえば、
 一般的には 「Livedoor Blog 天下泰平」によれば、
 「
バヌアツ地震と日本の地震」で診られるように、遠隔地域同士が連動するという。
太平洋プレートは必ずしも一枚岩ではなく、
さなざまな亜プレートから構成される地殻・地質構造の複雑性に起因する影響を
個人的には推察していますが、何らかの連動性あっても不思議ではない?かと想われます。

 要するに、巨大地震の予兆として、大した揺れを感じない小さな地震の群連発だからといって
油断せず、今後注意することが必要ではないか?と想われます。





 
スポンサーサイト
  1. 2014/03/27(木) 10:55:30|
  2. 天変地異関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PM2.5について、および現状の発生情報の引用先を調べました。 | ホーム | 鶴竜昇進で横綱全員モンゴル勢という。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/50-8c8b73f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。