こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TPPと食糧自給の可能性について

 世の中には不可解、ならびに不世出な出来事が多くなりました。
それら記事をインターネット検索によって紹介して、

 食糧・エネルギー・資源の自給、環境・健康の改善に対して、
さまざまな解決案を提案していきたいと思いますので
今後、よろしく願います。 


 今回は「TPPと食糧自給維持の可能性について」考えてみました。

 わが国のGDP、食糧・エネルギーの自給自足の維持に悪影響すると想われる
TPPですが、本当にそうなるのだろうか?

 朝日新聞デジタル2012年4月19日7時54分
「首相、TPP交渉への参加表明見送りへ 日米首脳会談」 によれば、
「野田佳彦首相は環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐり、
30日の日米首脳会談で交渉参加を正式表明することを見送る方針を固めた。
米国との事前協議が難航していることに加え、民主党内に根強い反対論があるため。
複数の政府関係者が18日、明らかにした。

 首相は昨年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議で
「交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と表明。
今月29日からの訪米で、交渉参加の表明を目指してきた。

 だが、TPP反対派は消費増税法案の反対派と重なる。
閣内でも鹿野道彦農林水産相が「まだ言及するところまで来ていない」
と時期尚早との考えを示すなど、慎重論がある。
参院で閣僚2人に対する問責決議案が可決される見通しであることから、
訪米前や訪米時に正式な参加表明すれば、政権基盤が揺らぎかねないと判断した。
首相は18日の参院予算委員会でも「外交交渉なので政府の判断はあるが、
国民の理解が進んでいない中で何でもかんでも進めることではない」と述べた。 」


 ビジョンなき数合わせの感。

東日本大震災前の2010年11月13日の「ドンちゃんの他事総論」の著者の
donnatさんのコメント
http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-f6d5.html

「・・・日本という世界の片隅で技術力を蓄えた日本の農作品は
世界の最高ブランドになっている。・・・
最優秀な農作物を大量に生産できるようになればいいのである。
一大農業革命が必要である。農業育成制度である。・・・」
の戦略(政策)と新たな戦術(技術力の科学的な深耕)が必要かと
想っていました。 

東日本大震災から1年後、

 高級ブランドに対する各国の輸入制限、
 食糧自給の維持の可能性すら危惧する昨今。

TPPと食糧自給の維持の可能性について
 利害関係の整理および失業者の所得保障を含めた戦略と新たな戦術を
よく見えるようにすることが、今後の問題点かと思われます。

 明治生まれの祖母から、米を茶碗に一粒でも残した時、
「米はお百姓さんの汗の結晶だ。粗末にしてはいけない。」とよく怒られたことを
思い出します。それほど食糧は大切なものです。

 安価な輸入食品放射能汚染に係る品質基準の明確化と検査が
BSE、口蹄疫、鳥インフルフルエンザの場合と同様に望まれます。
(わが国の食糧だけが放射能汚染しているとは限らない)

 安価な輸入食品ですら、水不足および人工増加に伴なう世界的な飢饉
によっては入手できない時代がやって来ることも昨今の野菜高騰から
杞憂されます。

 日常の食糧自給の可能性については徹底的に維持しなければなりません。

 すなわち、別報のエネルギーの自給と同様に、
将来的な食糧を念頭とした
我が国の誇る水処理技術などを駆使して、排他的経済水域を含めた
長期レンジのシステムの構築が望まれます。
 こうすることによって、真の国際的に競争(輸出)力のある
我が国の高級かつ高品質の米(こめ)、果実、マグロなどの
農畜産物の工業的な生産を定着させなければなりません

 参考情報:水徒然 TPPに係るメモ







スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2012/04/20(金) 21:42:32|
  2. アラカルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<環境放射能の素肌への影響について | ホーム | 津波瓦礫の広域処理の功罪について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/5-e235d664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。