こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太りやすい体質は酵素の無駄使いが原因だったという。

 痩せていてもう少し太りたいと思っている私ですが、

酵素というのは


酵素ダイエットと健康法
太りやすい体質は酵素の無駄使いが原因だったによれば、
http://酵素ダイエットと健康法.com/category36/

「「全然食べてないのに太るんです」



よく聞く言葉ですよね。



一般的にダイエットとは、「カロリー制限」と「カロリー消費」のバランスで決まると言われています。



でも、同じように食べても太りやすい人と太りにくい人が存在しているのも事実。





一体何が違うのでしょう?



実は、その秘密を解くカギは「酵素」にあったんです。





私たちの体は、絶えず新陳代謝がおこなわれていて、
1日の間になんと1兆個もの細胞を入れ替えています。


毎日1兆個の細胞が死んでいくんですが、
その近辺の元気な細胞を細胞分裂させて2個にして、
そのうち1つを失った細胞の後釜にして成長させているというわけです。



トラブルが起きた細胞が減って、元気な細胞の置き換わる新陳代謝が、
毎日1兆個の細胞で起これば、1ケ月で30兆個、
2ケ月で60兆個の細胞が入れ替わる計算になりますよね。



私たちの細胞は約60億個なので、
2ケ月で細胞が全て入れ替わる、新陳代謝の流れがあるというわけです。





この新陳代謝の流れをスムーズにすることこそが、ダイエットの秘策。



私たちの体内の細胞は脂質を貯蔵し、エネルギーを生み出す為に使います。
脂質は炭水化物とタンパク質の2倍以上のエネルギーを生み出すのです。



新陳代謝が活発であれば、私たちの体内に溜まった内臓脂肪も、
エネルギーへと転化されて消費されていきます。


そして、この新陳代謝の良し悪しのカギを握るのが、「酵素」なのです。」という。

酵素 とは
- コトバンク - Kotobankによれば、
http://kotobank.jp/word/%E9%85%B5%E7%B4%A0「生物の細胞内でつくられるタンパク質性の触媒の総称。生命の存在するところ,単細胞生物である微生物から,多細胞生物である植物,動物,そして人間にいたるまで,酵素はあらゆる生体の中で生命の営みに不可欠の存在である。酵素の主成分であるタンパク質は,各生物固有のDNAの遺伝情報に基づいて,約20種類のL型α‐アミノ酸がNH2末端から順次ペプチド結合によって連結されることによって合成されたポリペプチド鎖が,構成アミノ酸残基の側鎖間相互作用によって三次元の立体構造を形成することになるが,酵素タンパク質は他の構造タンパク質,たとえば筋肉タンパク質や膜タンパク質と異なり,分子の一隅に活性中心を備えている。」とのこと。 」


スポンサーサイト
  1. 2014/03/29(土) 21:17:17|
  2. 健康・食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遺伝子組み換え食品に係る記載を調べました。 | ホーム | PM2.5について、および現状の発生情報の引用先を調べました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/49-58f67dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。