こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人工放射能と自然放射能の健康に及ぼす影響はどのように違うのだろうか?

 世界を見渡すと高放射線地域が数多く存在しています。

- 世界の高自然放射線地域の健康調査より -
3. 高自然放射線地域における疫学研究
http://www.taishitsu.or.jp/genshiryoku/gen-1/1-ko-shizen-3.htmlによれば、
「放射線の影響はわずかな量であっても悪いと信じる人の数は多いのですが、このような高自然放射線地域には多くの人びとが何世代にもわたって暮らしています。放射線は微量でも健康に影響があるのなら、このようなところに住んでいる人の健康に異常は生じていないのでしょうか?高自然放射線地域の人々にがんを発症あるいは死亡する割合が高く現れているのだろうか。その疑問に答えるため、このような地域の自然放射線の量と健康状態を調べる大規模な調査研究が行われています。
 中国衛生部工業衛生実験所(現 National Institute for Radiological Protection)のWei Luxin博士を中心とした中国の研究グループは1972年以降、放射線レベルの測定のみならず、住民への健康影響も調査し、その結果をまとめ1980年にサイエンス誌に発表し、世界的の注目を受けるところとなりました。彼等の調査によると、がん死亡は増加しておらず、むしろ対照地域に比べ少し低いということです。遺伝病の増加は見られませんでしたが、ダウン症は例外で、高自然放射線地域で高値でした。しかし、高自然放射線地域と対照地域で母親の出産時年齢に違いがあるなどの方法論的な問題点が指摘され、その後の調査ではこれらの問題点を考慮した検討が行われましたが、ダウン症の増加は確認されませんでした。1980年代には米国がん研究所との中・米共同研究が行われ、女性の甲状腺結節の有病率などが検討されましたが、増加は認められませんでした(Wangら JNCI 1990年)。
 (財)体質研究会は、京都大学名誉教授の菅原努博士を中心として、1992年から中国衛生部工業衛生研究所のWei Luxin博士の研究グループと共同で大規模な疫学調査を進めてきました。現在、中国における疫学調査データは、高自然放射線地域と対照地域と合わせて約200万人・年の収集・解析がなされており、低線量放射線の生物影響に関する極めて重要な情報が得られつつあります。
 さらに、中国・広東省の高自然放射線地域よりもさらに高い放射線地域として知られているインド・ケララの高自然放射線地域、イラン・ラムサールの高自然放射線地域においても調査を展開しています。・・・」という。

 核実験、原発事故による拡散放射能による内部被曝による後遺症が叫ばれる中信じられない現象です。

参考情報:
米ビキニ水爆実験から60年 三崎港の元船員は放射能とは怖いんだという。
内部被曝に係る投稿(’11-06-27~'12-05-12

この違いは何なのだろうか?

 ・放射能、放射線の生体への影響の引例によれば、
「・・・ 生体の場合は、外部被曝の場合、エネルギーが低い紫外線(電磁波)を例にとると解りやすいですが、表皮の細胞の組織を損傷します。もっとエネルギーの高いα線、β線、γ線、X線の場合は火傷のような傷害から被曝放射線量が大きく、多い場合は死まで至ります・・・」という。


 別報にて記載した「ホルミシス」と「ペトカウ」効果によれば、

環境中の放射能、放射線の生体への影響として、
古くから「ホルミシス」効果と「ペトカウ」効果が言われています。
Wikipedia記事検索によれば
ホルミシス効果(hormesis)とは、
「生物に対して通常有害な作用を示すものが、微量かつごく一時的であれば逆に良い作用を示す可能性のある生理的刺激作用のこと。・・・」

ペトカウ効果 ( Petkau effect)とは、
「液体の中に置かれた細胞は、高線量放射線による頻回の反復照射よりも、低線量放射線を長時間、照射することによって容易に細胞膜を破壊することができる」という現象である[1]。「長時間の低線量放射線被曝の方が短時間の高線量放射線被曝に比べ、はるかに生体組織を破壊する」[2]等とも表現され、また、文脈によりペトカウ理論、ペトカウ実験等と用いられることもある。」


 人工、自然放射能に係らず放射能からの放射線はいわゆる軽い外部被爆ですが、微細な放射能性物質、もしくはそれらが付着した塵を体内に吸引・摂取したことによる内部被曝との違いかと想われます。

 今後、個人的には、放射能は台風、ゲリラ豪(雷)雨、突風などによって、飛散・沈積による再拡散を繰り返していますが

『大線量よりも低線量が怖い放射能のペトカウ効果』という教訓もあり、
 放射能汚染された食品の摂取による害は生物化学的半減期に託すとして、
 日常生活においては、水が酸性雨などによってpH低下したため、放射能が水に溶けた後、単原子層で再吸着した砂塵、花粉、微生物(藻、細菌、ウィルスなど)に捕獲された放射性塵を不用意に吸わないように注意したいと思っています。
参考情報:
内部被曝に係る記載を調べました。(その1:「がん」以外の放射線被曝例
内部被曝に係る記載を調べました。(その2:09-07更新 原発漏洩放射性物質の生物学的半減期
スポンサーサイト
  1. 2014/03/16(日) 11:41:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鶴竜昇進で横綱全員モンゴル勢という。 | ホーム | 一昨日暑かった反動で今日は寒く感じた!この寒暖差の激しい気象の真因は何なのだろうか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/42-69d87c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。