こんな言もあるのかな

 折りに触れて、日常垣間見る不可解、ならびに不世出な事件を紹介して、自分なりに考えて、コメントして、「真」を言究できたら最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

環境放射能の素肌への影響について

 世の中には不可解、ならびに不世出な出来事が多くなりました。
それら記事をインターネット検索によって紹介して、

 食糧・エネルギー・資源の自給、環境・健康の改善に対して、
さまざまな解決案を提案していきたいと思いますので
今後、よろしく願います。 


今回は「環境放射能の素肌への影響について」とりあげました。

 「現状の漏洩レベルなら、直ちに人体には影響はない」
というものの、環境放射能の素肌への影響について
紫外線と比較して考えてみました。


 一般的に、オゾン層が減少して
地表に届く有害な紫外線(UVA、UVB)が増加すると、
生態系への影響として、体内の細胞組織、水分調節機能を損傷して
動・植物プランクトン(微生物、藻類など)のような水生生物、
また、人を頂点とする陸生生物への悪影響も知られており、
生態系全体への悪影響が心配されています。

 身近な現象として、UVインデックスの増加は素肌の健康を
損なう指標として警戒しています。

 一方、紫外線と比べて桁違いのエネルギーをもつ
環境放射能の素肌への影響は当然大きくなります。
 
 大陽・宇宙からの粒子線(α線、β線、・・・)、電磁波(γ線、紫外線、・・・)など
放射能からの放射線の身近な素肌への影響について考えると、

 オゾン(O3)は酸素(O2)が放射線によって酸化生成されていますが、
オゾン濃度が回復しない限り、
その照射エネルギーは無尽蔵に今後とも生態系に影響し続けると想われます。
 
 加えて、継続的に海・海・空に排出されている法令基準内の微量の放射性廃棄物、
および今回の原発事故によって大量漏洩した放射性物質からの放射線の大半は
熱に変換すると想われますが、
 環境中の共存物質(塵埃)を放射化もしくは励起して、
その比較的半減期の短い放射化物質から、エネルギー準位の小さい活性光線が順次、
共存物質を放射化して紫外線を発生させて、
紫外線と同様に、人肌のDNAを損傷して生態系に悪影響を
及ぼすことも想定されます。

参考:水徒然
   天変に影響する要因に係る記載(大気圏での放射性物質分布
   「放射化に係る投稿」

 放射能および放射化された塵埃からの放射線(外部被爆)から
素肌を護ることも
今後、現在いつ発症するのか杞憂している不可解な「内部被曝」と同様に、

一見、些細なことながら「しわ」「しみ」「あばた」「肌色の変化」など
素肌の変化にも注意することが必要か?と思われます。






フェイシャルエステが自宅でできるリフトアップベルト





 



スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2012/04/21(土) 23:45:00|
  2. 健康・食品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オンライン英会話レッスンについて | ホーム | TPPと食糧自給の可能性について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetsuturedure.blog.fc2.com/tb.php/3-b686c632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。